第7回Text-Revolutionsに参加しました

  • 2018.07.21 Saturday
  • 12:23

 こんにちは。連日暑い日が続いていますね。皆様、水分塩分、適切な休憩を取るなどして、熱中症にはくれぐれもご注意下さいませ。

 テキレボ7当日も、朝から大変暑かったです。前の日も暑かったし、次の日も暑かった。今も暑い。

 長くなったので、以下に続きます。

 

続きを読む >>

第7回Text-Revolutionsに参加します

  • 2018.07.08 Sunday
  • 22:06

 こんばんは。申し込んだときは、まだまだ時間あるから余裕余裕、と思っていましたが、いつの間にやらあと一週間後に迫ってきました、第7回Text-Revolutions(通称:テキレボ)です。いつも通りサークル名『夢想叙事』で参加します。ブース番号はB-22。見本誌棚の前なので、見本誌を見て、そのあとふと振り返って頂けたら幸いです。

 今回は今までより会場が広くなり、参加するサークルさんも200になったそうです。

 テキレボは、個人的には規模の割にとてもにぎやかなイベントという気がします。他をあまり知りませんが、なんか、ちょっと違う感じ。いずれにしても、今回はいっそうにぎやかになりそうですね!


 さて、準備もいよいよ大詰めです。荷造りも終わって、値札とか必要なものの印刷までは終わりました。でも完璧には終わっていないので、あともう少し。

 今回の新刊は、サイトにも掲載している異世界ファンタジー中編の『魔女の婿取り』です。中身はサイト掲載分・電子書籍版と同じですが、電子書籍版とは表紙が異なり、裏表紙がつきます。自分でもなかなかすてきな表紙になったと思っているので、ぜひお手に取って見てください。イベント終了後は通販も予定しています。

 新刊のメインは『魔女の婿取り』ですが、他にも新刊(というほどでもないけど)として、カクヨムさんに掲載している300字SSのうち8編をまとめたコピー本『モノガタリノカケラ』と、300字SSのポストカード『暑中お見舞い』があります。いずれも無料配布となっております。配りきったら再版はしないと思うので、無料ですし、ぜひ持って行って下さい。

 また、既刊の在庫は一部を除き少なくなっているので、この機会にぜひお手に取って見てください。




明日が締め切りだそうです

  • 2018.06.24 Sunday
  • 17:40

 こんにちは。気が付けば前回ブログを書いてからもう一ヶ月経っていましたね。月日の流れが速くて追いつけない……。

 そして、最近ブログを書くのがイベント絡みとなってきました。毎週更新はしているのに。『Eve or Vandor』を読んでくださり、ありがとうございます。ちょうど折り返しくらいですね。

 さて、ちょっと脇道に逸れましたが、本題はイベント絡みの話です。

 来たる7月16日(月)に東京は浅草で開催される第七回Text-Revolutionsに参加するわけですが、このイベントは当日会場に行かなくても同人誌を入手できる素敵な「お買い物代行サービス」というものがあります。

 ただし、ほしい同人誌が完売等で一冊も入手できない場合でも手数料がかかり、代行非対応のものは入手できないなど、注意点がいくつかあります。

 また、当サークルの同人誌はすべて代行に対応していますが、万が一、わたしの同人誌だけが欲しいという場合はBOOTHの通販をご利用する方がお得です。

 しかし、複数のサークルさんの同人誌がほしい場合は、お買い物代行サービスをご利用する方が断然お得です(完売とかで手に入らない可能性はありますが)。

 明日が申し込みの締め切りなので、興味のある方はお早めに……。

第四回文学フリマ金沢に参加しました

  • 2018.05.28 Monday
  • 19:10

 5月27日(日)の文学フリマ金沢に参加しました。

 26日に金沢入りして、兼六編と金沢城を見て回ったら、予想以上に広く、また大変天気がよくて暑かったのでヘロヘロになり、昨日を迎えました。駅近くのホテルを取っていて良かった……。

 さて、文フリ金沢は過去に参加したことのある東京・京都に比べるとかなり小さい会場で、ブースも小さかったですが、頒布物がそれほど多くないので事足りました。

 会場は小さいし、駅から少し歩いてしかも引っ込んだところにあるから、お客さん来るかなあと不安でしたが、なかなかにぎわっていました。朗読会とかやっている最中は静かだな〜という感じでしたが、観察していたところ、じっくり見て回っている方が多いという印象でした。東京や京都ではそういう人はあまり見なかったので、これは規模が小さいからこそではないかな、と思いました。

 そのおかげなのか、たくさんの方に本を手に取って頂けてました。うちは一冊を除いて全部短編集ですが、短編集をぜんぶください、という方もいて、驚くやら嬉しいやら、ということもありました。ところで、一番規模が大きい文フリ東京での頒布数が今のところ一番少ないのですが、これってどういうことなの……。

 まあそれはさておき、一番人気はやはり『嘘つき王女と隻腕の傭兵』でした。ファンタジー強い。見本誌を見たのか、「これください」と決め打ちで来る方も多かったですね。おかげで嘘つき王女は順調に在庫が減っていき、再版もしないので、これがなくなったら一気に頒布数落ちるな、なんて思う今日この頃です。

 イベント終了後は、お隣のブースだった碧さんとちょろっと散策して、打ち上げしました。色々と創作談義できて楽しかったし、おいしかったです。

 

 土曜も日曜も天候に恵まれ、暑い中お越しくださりありがとうございました。

 次回の参加予定イベントは7月16日(月)の第7回Text-Revolutionsです。新刊が出る予定です。これから組版とかするので、がんばります。

第四回文学フリマ金沢に参加します

  • 2018.05.26 Saturday
  • 18:17

 こんばんは。いつの間にかもう梅雨入りしたところもありますね。なんだかあっという間に春が終わって夏がすぐそこまで来ている感じです。

 そういうわけで(どういうわけ?)、前日のお知らせとなってしまいましたが、5/27(日)開催の第四回文学フリマ金沢(https://bunfree.net/event/kanazawa04/)に参加します。今年二度目の遠征ですね。ブースは「い-11」で、お隣は偶然にもお知り合いである「つむじ風のとおり道」の碧さんです。

 新刊はありませんが、『竜の舞い降りる村』の販促名刺を作ったので無料配布します。ぜひ持って行ってください。それから、見本誌に帯を付けてみることにしました。それもぜひ見てやってください。

 頒布物は、以下のとおりです。


・異世界お墓参りファンタジー『嘘つき王女と隻腕の傭兵』(一番の売れ筋!)

・日常と青春を描いた安心安全保障の連作短編集『サボテンの子どもたち』(一番売れてほしい!)

・様々なジャンルの掌編短編を52編収録した読み応え十分の短編集『2013-2016』(一番残部が少ない!)

・ノスタルジックなSFや現代物などを収録した手頃な短編集『においのゆくえ』(初めてさんに一番おすすめ!)

・気軽に気楽に読めるコメディ三連発の短編集『執筆戦隊カケルンジャー』(一番安心安全!)

・最新刊にしてハッピーエンドではない話ばかり集めてしまった短編集『永坂残酷物語』(一番不穏!)


 と、なっています。『2013-2016』は本当に残部が少なく、また再販予定はないので、この機会にぜひともお手に取ってください。

(webカタログ→https://c.bunfree.net/c/kanazawa04/6F/%E3%81%84/11


 それでは、明日の文フリ金沢で!


 あ、本人はすでに金沢にいるので、今週の『Eve or Vandor』の更新はお休みです。お待ちくださっている方、申し訳ありません。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM