文学フリマ東京に参加しました。

  • 2017.11.26 Sunday
  • 16:32

 その前に、『嘘つき王女と隻腕の傭兵/第四章 王女と幼なじみ03』を更新しました。昨日は一日遊んでいたので、本日の更新でした。

 第四章はこれにて終わり、次回からは第五章になります。第五章が最終章で全6話、エピローグが1話なので、あと7話で完結です。

 1話/週だと微妙に年内に終わらないので、最後はまとめて数話公開して年内に完結させようと思います。残り一ヶ月、よろしければお付き合いください。

 

 さて、去る11月23日に開催された第25回文学フリマ東京に参加しました。

 紙風船工房時代に一度手伝いで行ったことがあるので厳密に言えば初参加ではありませんが、あのときは何から何までメンバーに頼りっぱなしだったので、気分的には今回が初参加です。『夢想叙事』としては間違いなく初参加なので、初参加です。

 そんなわけで、文フリでした。当日は、委託としてお預かりしていた『暁天の双星』『月の光はきこえなくても』の作者・泡野さんが設営から手伝ってくださいました。おかげで、開場前に設営完了、見本誌提出も無事にできました。一人だったらたぶん間に合ってなかったです。

 当日は朝から雨がなかなかの降りっぷりを見せていましたが、あいにくの天候にもかかわらず、開場前から一般来場者の長蛇の列ができていて(数十人くらい?)、イベントの規模の大きさに驚かされました。文芸メインのイベントで、そんなに早くから並ばなくても、売り切れないんじゃないかな……と思ったのですが、人気サークルはそんな悠長なこと言っていられないのかもしれません。当日はコミティアもあったから、そっちにも行きたい、という人も少なくなかったのかもしれないし。

 しかし会場が広いので、開場してしまえば一般来場者は分散しましたね。開始一時間くらいは、ちょっとでも立ち止まった人に無料配布を押し付ける以外、立ち読みをする人がいるでもなく、結構暇でした。あ、でも、開始後一時間経っていないのに、もうたくさん本を買い込んだ、という方はいましたね。うちの本も買ってくださいました。

 お昼を過ぎてくると、ポツポツと立ち止まる人も増えてきたように思います。

 無料配布は、開始から二時間ほどで配り終えました。ただ、立ち読みをする人はそれ以降にもっと多くなったので、もっとたくさん用意すればよかったかなあ、と思いました。その分、作るのが大変になるわけですが、表紙の紙がなかなか評判がいいみたい、という手応えを感じたし、文フリ京都にも持って行こうと思います。

 で、肝心の売上ですが、全種類一応出て行ったので、悪くはなかったと思います。もっと出てほしかったけど、その辺は、ディスプレイの仕方にも問題があるかなあ、と当日感じました。近くに来て値札を見ないと、どんな本なのかまったく分からなかったので、ジャンルとか売りとか、もっとデカデカと書いて通路からも見えるようにした方がいいのかも。やってみないとわからないし、それで気を引けても買ってもらえるかはまた別問題なんでしょうが、とにもかくにも、ちょっとでも興味を持ってもらわないことにはどうしようもないので。

 反省点はたくさんありますが、総じて、参加してよかったな、と思いました。参加しないとわからないことはたくさんあるし、なにより本を手に取って頂ける機会になりますし。

 さて、最後になりましたが、当サークルにお立ち寄りくださった方々、ありがとうございました。そして、設営だけでなく、お店番と撤収も手伝ってくださった泡野さん、ありがとうございます!

 次回は第二回文フリ京都に参加します。

文学フリマ東京に参加します。

  • 2017.11.19 Sunday
  • 18:32

 この前テキレボが終わったと思ったら、もう文学フリマの時期です。早いものですね。今年も残すところあと一ヶ月ちょっとだなんて……。

 そういうわけで、11月23日(木)に東京流通センター第二展示場で開催される第25回文学フリマ東京にサークル名「夢想叙事」で参加します。ブースはD-13で、1階です。

 頒布するものはこの前のテキレボと同じですが、今回はテキレボアンソロに参加した三作をまとめたコピー本(無料配布)と、お預かりする本三冊があります(webカタログはこちら)。碧さんのご本も、泡野さんのご本もそれぞれおもしろいので、ぜひお立ち寄りください。

 今回もお品書きを用意しました。まあほぼ使い回しですが……ご参考までにどうぞ。

 

テキレボ6に参加しました

  • 2017.10.29 Sunday
  • 18:11

 一昨日に宣伝して、今日はもうイベント参加レポートです。早い(原稿もその調子でやりましょう)。

 それはさておき、第6回Text-Revolutionsに無事参加、終了しました。参加者の皆さま、お疲れさまでした。

 宅配の荷物がまだ戻ってきていないので厳密にはまだ終わってないですが、今レポートを書いておかないと書くタイミングを逃しそうなので。

 第5回に引き続き、今回もあいにくの天気ではありましたが、来場者も多かったそうです。おかげさまで、ブースを訪れてくださった方々も多かったです。ありがとうございます。

 以下に続きます。

続きを読む >>

明日、イベント参加します

  • 2017.10.27 Friday
  • 22:19

 なんやかんやとやっていたら、あっという間に明日がテキレボ当日ですね。

 ブログでの宣伝は前に一回やったきり(しかも一ヶ月以上前)、直前での改めてのお知らせとなってしまいました……。

 それはともかく、いよいよ明日です。

 参加するのは第6回Text-Revolutions(略してテキレボ6)、会場は都立産業貿易センター台東館6階、入場無料です。

 サークル名「夢想叙事」でB-04にいます。12時からは一時間、テキレボメンバーズというイベントのお手伝いをするので不在ですが、それ以外の時間は基本的にいます。様子を見て買い物にふらふらと出て行くので、いなくても懲りずにまた訪ねて頂けると幸いです(買い物の時間を決めろよって話ですが……)。

 で、頒布いたしますは、

 

・現在サイトで絶賛更新中の異世界お墓参りファンタジー長編『嘘つき王女と隻腕の傭兵』(サイト掲載のものに加筆修正、番外編付き)

・紙風船工房時代を知っている人はほとんどいないと思いますが、その頃に書いた話3編と書き下ろし1編をまとめた連作短編集『サボテンの子どもたち』(ポスターがあるよ!)

・コメディ三連発の短編集『執筆戦隊カケルンジャー』(サイト掲載のものと内容はほぼ同じです)

・わりと真面目な話を集めた短編集『においのゆくえ』(サイト未掲載、一部電書版あり)

・てきすとぽいさんで書いた話を4年分まとめたら52編になっちゃった短編集『2013-2016』

・『嘘つき王女と隻腕の傭兵』の番外編を300字のショートショートにしたポスカ(単独でも読めるよ!)

 

 となっております。テキレボではwebカタログというものがありまして、そこで他のサークルさんの頒布物も探すことができます。

 ↓お品書きも作ったので、こちらも参考にどうぞ。

お品書き

 明日は天気があまりよろしくないようですが、何卒よろしくお願いいたします。

 

イベント参加のお知らせ

  • 2017.09.09 Saturday
  • 16:08

 久しぶりの長編連載開始をして、今のところちゃんと週一ペースで更新しているものの、ブログの方まで手が回っていませんでした。

 そういうわけで、『嘘つき王女と隻腕の傭兵』は第二章に突入です。第二章は三話で終わりますが……そして、来週は都合により更新できません。再来週に二週分まとめて更新しようと思いますので、少々お待ちください。

 

 さて、それから、第6回Text-Revolutionsという同人誌即売会(通称:テキレボ)に参加します。10月28日(土)に都立産業貿易センター台東館6階で開催されます。時間は11時から16時。配置はまだ発表になっていませんが、ミニブースでの参加です。

 頒布物につきましては、Webカタログを参照ください。

 現在サイトで連載中の『嘘つき王女と隻腕の傭兵』、短編連作集の『サボテンの子どもたち』が新刊となります。現在鋭意製作中です。『嘘つき〜』の方は若干進捗がやばいですが、がんばります。

 その他、既刊の『2013-2016』と、コピー本再録集でテキレボ初頒布の『においのゆくえ』もあります。同じく再録集となる『執筆戦隊カケルンジャー』も出せたらいいなあ、と思います。それから、まだカタログに記載していませんが、300字SSポスカラリー参加作品もある予定です。

 遠方の方、当日会場に足を運べない方のために、お買い物代行サービスというシステムもありますので、ぜひともテキレボのサイトをご覧ください。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM