更新しました。

  • 2018.03.17 Saturday
  • 22:09

 こんばんは。『Eve or Vandor』第一章01を公開しました。

 そして、カクヨムさんで公開したいたものについてはこの前の日曜日に削除しました。現在連載中のものはいわばプロトタイプなので、今後はサイト以外に転載したり、電子書籍や紙の本にしたりする予定はありません。また、検索サーチに登録する予定もないので、今後は本当にサイトでひっそりと掲載です。宣伝はブログとTwitterでやるくらいになると思います。

 そういえば、サイトを開設した頃は、個人サイトたくさんあったので、検索サーチさんもたくさんありましたね……。今ではそのほとんどがなくなってしまい、時代の変化を感じます。寂しい気もしますが、それでもサイトに来てくれる方はいるので、今後ものんびり続けていきます。


 それから、カクヨムさんに掌編をあげました。こちらの方も、週末に更新することが多いです。

連載開始です。

  • 2018.03.10 Saturday
  • 19:27

 こんばんは。本当はもう少し早く始める予定だった長編『Eve or Vandor』の連載開始しました!

 これから毎週土曜日に更新していく予定です。カクヨムさんでは先行して全文公開していましたが、参加していたコンテストの結果も出たことですし、あちらはたぶん明日には削除します。

 同タイトルの短編がありますが、その続編というか、解決編となるのが長編版です。プロローグは短編版とほぼ同じですが、加筆修正しています。

 

 さて、長編版『Eve or Vandor』は2015年度のとある公募に投稿したものなので、書いたのは2014年になります。え、そんなに前……? 時の流れは早い……。

 それはさておき、2年以上寝かせていたものを、ようやっとサイトに上げることにしました。全27話になります。よろしければ最後までお付き合いください。

 ただ、『Eve or Vandor』は、いずれ大幅な(もはや原形を留めていないレベルで)改稿をしたいと考えています。ですので、今回連載するものは、いわばプロトタイプです。

 いつか書くであろう改稿版ができあがるまで、プロトタイプではありますが、本作を楽しんで頂けたら幸いです。

掌編をちょこちょこ書いているんですよ

  • 2018.03.04 Sunday
  • 19:25

 こんばんは。しばらくはイベント参加もないし、今年はもりもり書いていきたい所存で、わりと有言実行中です。

 最近は300字くらいの掌編をちょこちょこ書いては、カクヨムさんで300字くらいの掌編たちという身も蓋もないタイトルで随時更新しています。

 今年に入って既に14編書いているので、よろしければ覗いてみてください。300字くらいというタイトル通り、300字以上あるものもちょこちょこ紛れ込んでいますが、基本的にすべて読み切りです。続編のものもありますが、単独でも読めるようになっています。

 カクヨムにある掌編をどうにかサイトに集約したいんですが、最近長編の執筆を始めたので、集約はもう少し先になりそうです。

サイト開設日を記念して。

  • 2018.02.25 Sunday
  • 12:41

 2004年2月25日、わりと衝動的に創作小説サイト『夢想叙事』を開設しました。

 それからサイト開設日を毎年迎えて、今年で14回目になるわけですが、その14回目にして初めて、サイト開設日に合わせた更新をしました。快挙です! ……快挙かな。

 そうでもない気がしてきましたが、ともかくサイト開設14年目を記念して、電子書籍『竜の舞い降りる村』を発行しました。価格は200円。異世界ファンタジーの短編集で、4編収録しています。各話1万字程度で、全て異なる世界観の物語です。

 AmazonにてKindle版が購入できるほか、BOOTHではPDF版とEPUB版が購入できます。また、楽天koboでもお買い求め頂けますが、楽天koboのみ201円です(200円割引のクーポンが使えるようにこの価格設定)。

 ……が、楽天koboで販売開始になるのはもう少し時間がかかりそうです。

 ともかく、以下のリンクから、お好きなところへどうぞ!

 

Kindle版を買う(Amazonのサイトに飛びます)

BOOTHで買う(PDF版とEPUB版があります)

 

 Amazonで出版するやり方を忘れて久しかったため、Kindle版の発売日を設定できるかどうかわからないまま登録作業を進めていたら、昨日のうちに販売開始にされていましたが……。

 

 さて、『竜の舞い降りる村』は初めて作った同人誌でした。

 紙版は、ありがたいことに完売したので、電子書籍版を出したいとず考えていたのですが、ずっと後回しになっていました。今回、サイト開設日に合わせて電子書籍版を発行できてよかったです。

 

 今年は短い話(特に300字SS)は思い付いたら気軽にどんどん書いて、長編は複数書くのが目標です。話を書く以外にも、イベントに参加して同人誌も作っていきたいと思っています。あと、サイトの更新ももっと活発にしていきたいですね。

 そんなわけで、また一年、よろしくお願いします。

今年最初の

  • 2018.01.14 Sunday
  • 11:38

 明けましておめでとうございます、というには年が明けて日にちがたっていますが、2018年もよろしくお願いします。今年は去年以上にもりもり書いていきたい所存です。

 もりもり書いていきたい所存なので、早速今年最初の更新をしました。ブログを書くのは早速一日遅れていますが。

 

 今年最初の更新は、短編『天体観測』です。総人類地下に引きこもり状態の未来が舞台の、少年二人の小さな小さな冒険です。年末にてきすとぽいさんに投稿した『あるいはそれよりも鮮やかな』と同じ世界観になります。時代も場所も違いますが。

『天体観測』は、Twitterで佐藤こおりさん(@ice03g)が主催の#三題噺2017to2018という企画に参加するために書きました。お題の「犬」「新」「30」を使い、30はアラビア数字で使用する、という企画でした。一応どれもクリアできていると思います。

 年末に『あるいはそれよりも鮮やかな』を書いていて、同じ世界観の長編を推敲中であり、脳内がSF寄りになっていたので、お題を見て思いついたのが、荒廃した地上で天体観測をする、というものだった……ような気がします。記憶が早くも薄れてきたのでよく思い出せない……。

 ともかく、書きたいシーンから膨らませつつ、お題を消化するために単語を入れ込んでいきました。

 当初、「犬」は犬飼武利という名前を出すことで消化しようとしていました。しかし、天体観測をする場面で「どこそこにこの星座が見える」というせりふを書くために、どの星座がいいかグーグル先生にお尋ねしたところ、今の季節は大犬座が見えると知り、「これだ! これしかない!」となりました。そして、大犬座があるし特に必要がなくなったので武利の名字は削除されました……。

 そんな感じでお正月休みの間にもそもそ書いていました。7000字程度ですので、ぜひ読んでみてください。

 

 それから、これまたTwitter上で開催された「#深夜の真剣文字書き60分一本勝負」という決められたお題と条件で60分で小説を書く、という企画にも『忠犬はバーに行く』という掌編で参加しました。こちらは大人な雰囲気を目指した現代物で、お題の「終わりははじまり」「〇〇の犬(〇〇は自由)」「寝ても覚めても」「ビタミン足りてる?」「柘榴石」を全部使用しています(どれか一つ以上、という条件)。

 カクヨムさんには、このほかにもいろいろと書き散らした300字SSをまとめて置いています。

 

 投稿サイトも利用しているため、書いたものがちょっとあちこちに分散気味だな〜と最近思います(この状況自体は以前から)。ただでさえサイトにある短編もそこそこあるので、本格的に短編専用のページを作らないといけないなと考えていますが、実行に移すまでにはまだもう少し時間がかかりそうです。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM