第27回文学フリマ東京に参加しました

  • 2018.11.26 Monday
  • 21:55

こんばんは。文学フリマ東京が終わりました。昨日、ブースにお立ち寄りくださった方々、ご購入くださった方々、ありがとうございます!

昨日は晴天に恵まれ、過去最大数の出展者数ということもあってか、来場者数も過去最大だったとか(言っていたような……)。今回は2階にいて、人が多いな〜と思っていましたが、1階はさらに多かった。その恩恵を受けられたような気がします。

新刊はなかったけど、新刊扱いの『嘘つき王女と隻腕の傭兵』と、文フリ初頒布の『魔女の婿取り』がよくお手に取っていただけました。ファンタジーの島だったけど、ほかの短編集にも興味持ってもらえました。既刊もちょっと出たからよかった。


先述しましたが、今回は出展者数が過去最大ということで、出展者入場時刻前に会場に着いたら、長蛇の列ができていましたね。最初は並ぼうと思ったのですが、階段を下りた先にも列が続いていると知り、手搬入でキャリーカートをひこずっていたわたしは並ぶのを諦めました。数段でも上り下りするのが嫌だ。

そういうわけで、石のベンチに座って列が短くなるのを待っていたわけですが、これがまあなかなか短くならないし、やっと短くなってきても、次から次に人が来るので、ある程度並ばないとこれは入場できないことに気づき、並んで入場。それが10時15分くらいだったでしょうか。すでに一般入場の待機列もできていた……。

隣接の泡野さんはすでに入場して設営を始めていて、「お国の一大事フェア」のコーナーを設営しなければならないのでわたしもさかさか設営です。見本誌票を家で貼ってくればいいのに、と毎度思います。どう設営するかはほぼ考えてなかったのですが、手作りの見本誌棚があればそれなりに何とかなるので、この棚は作ってよかった。まだ壊れていないので、次回もまだ使えそうです。

設営終了と開場はほぼ同時でしたが、すぐに来たお客さんはお一人くらいで(早速ありがとうございました)、いつも通りまったり開始でした。

2階の奥まった位置でしたが、人通りは多く、「お国の一大事フェア」のポスターを見てくれる人は結構いたように思います。頒布につながる売り込みがもっとできたらよかったな〜と思います。力及ばず……。しかし、ひょんなことから始まったフェアでしたが、楽しかったです。泡野さん凪野さん、ありがとうございます!


ところで、試し読みしている最中の人に会れこれ話しかけると迷惑になったり、いらぬプレッシャーをかけたりするかも……と思うと、「おすすめですよ!」ともなかなか言いにくいので難しかったです(毎度のことですが)。

ただ、初めてイベントに参加したときに比べれば、少しは接客も上達したかなと思います(当社比)。

16時前くらいから通る人の数も減ってきていたので、16時半くらいから撤収作業を始めて、アフターとか懇親会とかしたかったんですが、用事があったので17時には会場を後にして、秋の文フリは終わりました。まだ荷物片づけてないけど……。

頒布数は去年よりよかったのですがwebカタログの「気になる」の数と比べるとうーん、というところもありつつ、会場に行きやすいので、次回も参加予定です。

また、BOOTHでの通販を再開しました。『魔女の婿取り』は早々に在庫なしとなりましたが、年内に再販予定です。文フリで買い忘れていた! とか、今になって気になってきた! とか、関東に簡単に行けないよ! という方、少々お待ちください。


さて、年内のイベント参加は文フリ東京で終了です。年明けは、これから申し込み&抽選待ちになりますが2月のコミティア、3月のText-Revolutions、5月の文フリ東京に参加予定です。コミディア以外は一応参加確定です。その他、参加しようと検討しているのが4月「夢を紡ぐ創作の集い」(ただし日程未定)、5月のコミティア(文フリ東京の翌週)、夏はイベント参加はお休みして、秋以降にまた出ようと思っています。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM