2018年創作総括

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 22:07

今年も残すところあとわずかという時期になりました。そういうわけで、2018年の創作について、さっくり総括しようと思います。

当方、十数年webでもそもそ活動していて、2年ちょっと前からオフラインでの活動も始めた物書きです。


今年のイベント参加は以下の通り。

・1月:第2回文学フリマ京都

・2月:コミティア123

・5月:第4回文学フリマ金沢

・7月:Text-Revolutions7(テキレボ7)

・9月:夢を紡ぐ創作の集い04

・11月:第27回文学フリマ東京

・何月か忘れたけど花鳥風月138(委託)


花鳥風月以外、すべて直参です。関東在住なので、今年は2回遠征しました。というか、遠征は京都が初めてでした。

こうしてみると、結構参加したんだな〜と思います。

作った本は、短編集『永坂残酷物語』、中編『魔女の婿取り』、長編『嘘つき王女と隻腕の傭兵』(新装版)の三冊。嘘つき王女はA5版を文庫化したものなので、作ったものには違いないけど、新刊というと微妙な感じもします。でもまあ、文庫化にあたって改めて推敲したし、生まれ変わったのだと思えば、新刊ですよね。けれど本当は、もう2冊作るはずであった……。

それはさておき、イベント参加が多かったので、総頒布数は去年よりも多かったです。やったね! 遠征先でもたくさんの方に手に取っていただけて、遠征してよかったと思いました。


執筆量に関しては、去年まではエクセルで管理していて、今年も春頃まではやっていたのですが、それ以降はさぼっていて、何をどれだけ書いたのやら状態に。しかし、去年よりは少ないと思います。

4月頃までは、掌編も結構書いて、長編の執筆も始めていたのですが、4月頃から仕事が忙しくなり、筆が止まってしまいました。仕事の疲れは蓄積し続けて6月には頭痛がひどくなり、仕事から帰ってくるとぐったりとしてし、スマホやポメラの画面を見るのも辛く、本を読むのさえままならない状態になってしまいました。

このままでは7月のテキレボに参加するのも危ういのでは、と思っていましたが、参加できるくらいにはなんとか回復。しかし、筆が止まってそのままスランプ状態になり、また無理をしないようにしようと思ったので、今年はあまり書けませんでした。

そうはいっても、掌編や300字SSはいくつか書いて、まだ公開していない短編も二つほど書きました。書き掛けて止まっている長編の分も含めたら、数万字は書いたと思います。

来年は、体調管理に気をつけつつ(睡眠大事!)、小説を書いていけたらいいなあと思っています。

仕事が忙しく、平日はイベント関連でできることといえば執筆と推敲くらいしかなく、土日に本にするための作業やイベントの準備などをしているのですが、これがなかなか負担で……。土日にゆっくり休めないのもどうかと思うので、来年はオフラインについては少しおとなしめに活動しようかな、と考えています。

といいつつ、来年は2月コミティア、3月テキレボ、5月文フリ東京は申し込み済み。5月のコミティアも参加しようと思っているのですが(でも夏はどこにも出ない)。ただ、遠征は西の方に一度だけにしようと思ってます。

まあ、一年は短いようで長いので、途中で考えが変わることもあると思います。


来年の話も多くなってしまいましたが、今年は思うように執筆できなかったのが残念無念です。

元気があれば何でもできる、じゃないけれど、元気がないと何にもできない、健康第一、と噛みしめた一年でした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM