Recent Posts

おすすめの本

 三日坊主ならず三週坊主……。週一回の更新でさえも三週続かないとは……。
 しかし、まあ、あまり気張りすぎても仕方ないので、マイペースに更新します。

 本日はおすすめの本を7冊紹介したいと思います。
 ツイッターで「#読書週間だからRTされた数だけお勧め本プレゼンする」というタグでツイートしたところ、7人の方が反応してくださったので7冊です。
 読書週間は良書の普及と読書の奨励を目的に設定されたもので、10月27日から11月9日までの二週間だそうです。
 このブログを見てくださる方はおそらく日常的に読書をされている方ではないかと思いますので、特に奨励する必要はないでしょうが、わたしのお勧めする7冊が、次に何を読もうか迷っている、おもしろそうな本をリストアップしていつか読んでみたい、という方のお役に立てれば幸いです。
 ちょっと長くなるので、記事は折りたたんでおきます。
Continue Reading...

最近の活動について

 一週間というのは早いものですね。週に二回くらいできるだろ、と思っていたらもう前回の更新から一週間経ってました。仕事が忙しかったり本読みたかったりちょいと勉強しないといけないことがあったりすると、どうしても後回しになってしまいます。

 さて、今回は最近何をしているのか、について書いてみようかなと。もちろん創作についてです。
 最近は先述した勉強の件があって執筆はほぼ止まっている状態ですが、それまではなんとかかんとか小説書いてました。
 てきすとぽいというサイトがありまして、そこではいろんな人がいろんな企画を立てて投稿作品を募集してます。その存在を知っていろんな企画に投稿するようになったのが、一昨年くらいからですかね。最近サイトに上げている短編掌編のほとんどが、てきすとぽいに一度投稿したものになります。
 てきすとぽいのなんらかの企画に月に一度は参加してるので、最低限月に一つは掌編程度ですが完結したものは書いていることになります。今月はちょっとどの企画にも参加できそうにないのですが……。

 それ以外には、最近はこっちが創作のメインとなってますが、公募に出すための小説を書いてます。公募に出してみたい、とは数年も前からぼんやり思っていたものの全然実行に移さずにいたのですが、ひょんなことから公募にも実際に出すようになりました。まあ、出しているといってもほんと何回かなので、胸張って投稿してます! とは言えませんが。
 今やってる勉強が一段落したら、また投稿作の続きを書こうと思っています。そうなるとサイトに公開するのは、また当分の間てきすとぽいに投稿した掌編だけになってしまいますが……。短編掌編が増えていく一方なので、いい加減別の目次ページを作った方がいいのかなぁ、と思ったりもします。

始めてみよう

 開店休業状態が長らく続いているサイトを何とかしたい。しかし次々作品を発表できるほど筆は早くない――。

 というわけで、せめて少しでも動きを出すべく、ブログの更新頻度を上げようと思いました。昔は月に数回はブログ書いていたのに、いまやブログでさえ年に数回の更新というていたらくですからね……。
 とはいえ、昔は日々の他愛のないことを書いていたことが多いように思います。いまはそういう他愛のないことやほぼ意味のないことはTwitterでぷつぷつ言っているので、ブログではもう少し身のあることを書きたいと思っています。
 いつまで続くかわかりませんが、当面は創作に関わることをテーマに、できれば週に一回以上、何かしら書いていきたいなあと。
 本日は、この決意表明がテーマということで。

半年ぶり

 ご無沙汰してます。
 という挨拶で始めるのがおなじみになりつつある気がします。
 うっかりしていたら、春が終わり梅雨が来て暑い夏でぐでっとしていたらいつの間にかもう秋ですね。前回の更新から半年も経っていたことにびっくりです。
 さて、今回更新した『血のように赤く、血よりも赤く』はちょうど一年くらい前に書いたホラー風掌編です。毎度おなじみ、てきすとぽいの企画てきすと怪2014に投稿したものになります。
 今年もてきすと怪2015が開催されておりまして、また投稿しています。今日が投票最終日なので、もしよろしければそちらもどうぞ。『血のように赤く、血よりも赤く』とはだいぶ趣の違う話になっていると思います。

 それから、前回のブログでお知らせした『魔女の婿取り』ですが、アイリス恋愛ファンタジー大賞の選考結果が出ましたのでひっそりと取り下げました。読んでくださった方、ありがとうございました。サイトへの掲載は現在未定です……。

色々更新してました

 ご無沙汰してます。サイトの方は前回ブログを書いてから二回更新しているのに、更新作業をしたところで満足してブログを書くのを忘れてました。

 まずは3/29に更新した掌編三作について。『フタマタノオロチ』と『ミツマタノオロチ』は去年夏のてきすとぽい杯で書いた1000字ジャストの掌編です。それぞれ単独でも読めますが、フタマタ→ミツマタと読むと、ちょっと繋がっているのが分かると思います。話の雰囲気は真逆ですが。
 『ソノゴノオロチ』は書き下ろしです。タイトル通り、大蛇たちのその後の話で、こちらはフタマタ→ミツマタ→ソノゴと読むのをおすすめします。フタマタとミツマタに合わせて、ソノゴも1000字ぴったりです。三つ合わせても3000字なので、さらっと読めると思います。

 次に、4/19更新の『Fragment』は、昨年開催された覆面作家企画6の参加作品を加筆修正&改題したものになります。わたしには珍しい、英語タイトルです。ちなみに覆面作家企画6参加時のタイトルは『天翔る竜と天下無双のドラゴン娘!(仮)』と、今とまったく違う上、中身の雰囲気と全然合ってないものにしてました。作者を当てるという企画ですので、ちょっと遊んでみたんですよね。覆面作家企画には過去何回か参加しましたが、なにかと遊んでみたくなる企画でした。

 さてさて、もう一つ更新のお知らせです。サイトには掲載していませんが、『小説家になろう』さんに中編『魔女の婿取り』を掲載しました。
 400字詰原稿用紙換算で約100枚です。某公募で一次落ちした作品ですが、アイリス恋愛ファンタジー大賞に挑戦してます。ちょっと色々不備のある作品ですので、当該大賞の選考が終わったら取り下げるつもりです。今後サイトに掲載する予定もいまのところないので、興味を持ってくださった方は、今のうちに……。